2016年4月30日土曜日

陶器市 2日めを終える

昨日の初日はいつに無く終日寒く、そして午後はかなりの強風で
テントが結構煽られていました。

さて打って変わり日中は汗ばむ位の二日目。

やはり朝の出足は早いですね。
本格的に通りが人で混雑し出すのは列車の着く10時以降ですが。

海炎窯のテントもお昼過ぎまでは忙しかったです。

おなじみさんにも再会しましたし、何より嬉しかったのは初見の方が今日は
多かった事。

マスコミ等で宣伝している為、近頃の市は大勢の方々がみえます。

やきものの事をまったく知らないで来られる方も少なくありません。
こちらもそういった方々からの質問には出来るだけ丁寧に説明する事を
心がけています。未来のご常連になるやも知れませんからね。また、

問いかけに対する答えはこちらにとりましても勉強になるんです。「確認」の
意味でね。


やきものは奥の深い世界です。
素人の方に興味を持ってもらうのはこちらにとってもプラスになります。
この記事を読んで益子の陶器市に行ってみようかと考えた方、
多くのやきものを御覧になって度肝をぬかれるかもしれませんが、判らぬ点が
あったなら、売り子さん(作家さん)にどんどん質問してみて下さい。

ただ気に入った作品を買うのではなく、その作品がどういうプロセスを経て自分の目の
前にあるのか。それを知ればまたやきもの購入の醍醐味も違ってくることでしょう。

値切って買うばかりが陶器市の買い物じゃありません。(それもひとつの楽しみ、という事は
売る側にも充分理解出来ますけどね)
値切るにもちゃんと値切り方がありますよ。闇雲にさぁ幾らにする幾らにする、では
売る側を怒らせるだけ不愉快にさせるだけです。

コミュニケーションはうまくとらないとね。こんなところにもある種の「マナー」は
大切です。

いい年かっこいたオッサン(オバサン)がどのツラさげての賜ってるんだ、という
場面も長い期間中にはありますね。正直、がっかりします。
若い方のほうが反面わきまえている場合もあります。

買う方売る方おたがいに気分良くありたい。そういう心持ち、大切です。

さて明日三日目はどんな方と巡り会えるのか.....
楽しみに開店することに致しましょう。ではまたあした!

2 件のコメント:

  1. 時間があればもうちょいと滞在したかったです。参考館にも一度は行ってみたいけど次の機会かなあw^^;秋は行けるかは今はまだわかんないけど、朝5時30分に家を出て池袋から宇都宮に行くまで90分新幹線に乗るとそれだけで4000円は正直痛いし・・快速で。そこからバスで約1時間。このバス普段よっぽどお客さん乗らないんだろうなあw。。交通系カードが使えないなんて久しぶりでびっくり。交通系カードの機械は料金箱はあれ1つで乗用車が一つ買えるほどの価格だから赤字路線に付けられないのは仕方がないのだろうけど、陶器市の期間ぐらいはいいバス使ってほしいなあw-^^; 108さん。 で結局トータル3時間30分ほどかけて到着しましたー。 買ったマグカップ早速使ってます。コーヒー飲むのにはとても使いやすいですね! 底裏のネームの下に「LOVE」が!とてもかわいいと思いました^^ 笠間に行くバスを見つけたので常磐線で帰るのもいいかなと思ったけど、餃子を食べてから帰る予定で最初からしていたので2人前くらい食べて満足して帰りました。それにしても臨時便であれ笠間と往復してるバスがあることをホームページに出しててほしかったなあwww益子観光協会さん^^;

    返信削除
    返信
    1. 田島さんお疲れさん。行政に「アイデア」が乏しいと市民は苦労します。若さ馬鹿さをなぜもっと上手く利用できないのかと呆れる時があります。おやかたひのまるが今も延々と生きる土地柄なんでしょう多分。みんなの為になるような事は一歩も二歩も先んじて良いのですがね。頭は柔軟性のあるうちに使用したいものです。
      今回初お目見えのマグ、好評です。有難う。チャンスがあれば飲食しながら話をしたいものですね。いずれ又その内に!

      削除