2016年9月9日金曜日

まちの駅 千住堀 手びねり会web展 2

この7月に応用編グループがその最終回を迎えた。

この回はそれぞれ思い思いに各自が作りたいものを作る。

いわば今月9月から始まる 創造編 の前触れである。


 左上の ブーツ型の入れ物 持ち手が逆S字になって、かなり凝っている。この作者は毎回
アイデアを取り入れてあらゆる形に挑戦している。

その下の小皿にアーチ上の持ち手を付けた小品と中央の蓋物の作者は同じ方、男性である。
学生の頃は化学分野に身をおいていたせいか、作品に取り組んでいる姿も緻密そのもの。
この蓋物のすぐ右上の作品 ミニピッチャー も彼のものだ。

そして残るカップアンドソーサーと中鉢、これも男性の手になるものである。輪積みの
手さばきがいつも早い。そんなに急がずとも良いのだが.....そのスピードがゆるやかさを
帯びれば、おのずと作品の雰囲気も変わってくるだろう。


一番奥、ずん胴の作品は アイスペール。その右ミニピッチャーも同じ作者。アイスペールには
二ヶ所穴が開けてある。あとで土とは別素材の持ち手を付ける為。最近やっと手馴れてきたようだ。いつも緊張して肩を腫らせて作業しているので、”○○さん、はいっ深呼吸!”と声をかける。

その下カップ二個。
写真では判りづらいが、手にフィットする。作者は女性。実を言うと、輪積みがなかなか
うまくいかず、こちらもヒヤヒヤした事がある。それがどうよっ!
完璧にちかいサイズのものを作っている。おまけに線彫りまでして.....。
これからも楽しみにしてますよ、楽しんでね!

ぐいのみふたつ。作者は女性。こまやかな面取りを施している。
小さな作品にも心を込めているのがよく判る。こういう姿勢、大切ですね。

その上の徳利。男性作。彼はいつも思い切って作業する。男性的なのだ。小さな点は
構わない。ざっくり、ばっさり! これから回を重ねて、自然と土の分量がわかってくるだろう。
かなり入るぜこの徳利。

その上のマグ。あの ブーツ を作った人のもの。手早かったなぁ.....。


中央の皿。線彫りと三島と細工したが、私の釉薬掛けが悪かったせいで、その効果が今ひとつ
であった、ゆるせっ、よっちゃん!学生時代の友人である。貴女の太っ腹なとこ、いつも
見習ってます。

その上の小鉢二点。左が姉、右がその妹の作品。姉は慎重なのだ、いつも。だが大胆でも
あるのだ。妹は仕事柄、もあるかこまやかなのだ。形をしっかりと見ているのだ。写真では
隠れているが、外側に施した線彫りは流石なのだ。


中央の鉢。男性作。彼のラジコンの飛行機歴は長い。ユーコン機の頃からだからね。
判る人には判る。
手びねり作業を見ていても、丁寧だ。道具 に関してはやはりうるさそうだ。適材適所の
使い方をする。外側のこまめなデザインも段々堂にいってきた。うつわをスッきりとうまく
みせている。

左上ヒモ状持ち手刷毛目マグ。缶ビール350ml一本まるまる入れたかったらしいが、あと少し
高さを出した方が良かったね。収縮 ということを皆忘れがちだ、がんばろう!

右上の面取りゆのみ。御婦人の作。もうこのかた湯呑みいくつ手がけたか。言う事が無い。
重さ形、完成度が上がってきている。


左、焼酎の湯割りカップ。凹みが数箇所ある。酔っても粗相せぬように....。それにしても
大きくない? ”いいの、これでもちょっと小さかったかなって思ってるんだから.....”
はいはい。呑みすぎに注意して下さい。形を瞬時にとらえて作業している、いつもほれぼれ
見ています。

右へ行って、小片口二個。お仕事柄細かい事が得意なのだ。三島のスタンプもちゃっちゃっと
作っちゃうし、片口の右側のは小動物だよね、ユーモアも加味されている。次回はもちょっと
大きい物を手がけてみよう!

その下、小片口二個が姉さん作ならこれはその妹作のバスルームに置く石鹸皿。凝ってる。
作りがとにかく手早い。メンバー中一番ではないか..。そんなに急ぐなよ。
いつか、桃型のカップだろっ、と尋ねたら”センセイ、これお尻っ!”.....この子にはいつもやられる。


左の中鉢。女性作。器用な方で、しっかりとした器作りをいつもされる。擂座作業の回の折、
”センセイ、擂座やりたくないのっ。” あれには私も困った。

その右上。単独で撮ればよかったかなぁ..。花器である。華道にも嗜む女性なので、最近は
花器作りにいそしんでいる。器作りを進めてゆくとどうしてもデザインというものを考慮する。
私もそれに捕らわれることが多々ある。
花器は質素に簡素に、をモットーにしてメンバーにも伝えていきたい。

手前と他二点。同人作。女性の手になるもの。
手前の作品は、灯スタンド 様々あるロウソクを利用するか、電気仕掛けになるか、今後
次のステップへ。
両耳のスープカップ、大きさが小気味良い。その下の皿、縁を荒荒しく見せているのが
面白い。

さまざまな作品を御覧頂いた。このグループはこの8日9日から 創造編 に編入する。
もちろんこの他に、基本・応用編もそれぞれ稼動している。興味ある方は
ぎゃらりーanimoへ御連絡下さい。
お待ちしてますよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿