2015年11月12日木曜日

まちの駅 千住堀 手びねり会WEB展 ”CUP"の巻




南千住「ぎゃらりーアニモ」では毎月手びねり会(陶芸教室)をひらいている。

これらの写真は「応用編」のメンバーたちが初めて”ハンドル付け”の作業をおこない、

てがけたカップ類である。

土台となるボディは各自考えていただいた。

上の写真の作品の作り手は、ぎゃらりーオーナーとそのお嬢さんのものだ。

丸みを帯びたボディ、中ほどをくびらせたボディ、いずれも良い。ハンドルのバランスが

難しいですね、ボディに対してのハンドルの大きさ。肝心ですね。


オーソドックスな形、注ぎ口のような形、細長い形、皆基礎編で学んだ作りが

功を奏してますね。ハンドルもきれいに仕上がってます。


幅広いハンドル、細身のハンドル、ハンドルに擂座(るいざ)を施したもの、みな各々

良い感じに仕上がりました。


大きさがジョッキ程もある作品のハンドルは面白いですね、ちゃんと握りやすい形状に

なっています。男性作品。スポーツマンです。

おや、スープカップかな。ハンドルの付け方がその人の感性を表しますね。

手前中央のカップはハンドルが主張しているのがわかります。”どうだっ!”と言わんばかりに。


コーヒー豆をつけたハンドル.....あっ、わたしのパクったな?

大ぶりのハンドル、逆に小ぶりのハンドル。ボディの形がきれいだから、さまになってます。

ハート型、と思いきや作られた御本人は”やだっ、これお尻です!”って.....私どういう

リアクションすればいいんでしょ??

わきあいあいと意気揚々と大らかに作業する場であって欲しい。

明後日14日、その翌15日、応用編は ”面取り作業” です。

14日午後空いてますよ、体験したい方連絡して下さい、待ってます。










0 件のコメント:

コメントを投稿